日韓とアジアの未来を拓く日韓トンネル

「ILC-Japan2018 in 愛知」に地元議員、有識者ら150人が参加

愛知県名古屋市内の会場で7月29日、「平和への道・日韓とアジアの未来を展望する」をテーマに、ILC-Japan2018 in 愛知、日韓パートナーシップ宣言20周年記念と朝鮮通信使ユネスコ世界記憶遺産登録1周年を記念するシンポジウムが開催され、地元国会議員をはじめ地方議員、日韓親善関係団体関係者など150人が参加しました(=写真)。

当日は、朝鮮通信使が辿ったコースを名古屋から岐阜に向かって出発するPEACE ROADライダー6人を会場に迎えて、歓迎出発式も行われました。

PEACE ROAD 2018 in Japan中央共同実行委員長でもある梶栗正義UPF-Japan会長が「平和への道、日韓トンネル構想」と題して基調講演しました。

講演の中で梶栗会長は、ピースロードがUPFのもとで世界的に展開されて来たことと、1981年、文鮮明UPF総裁が提唱した世界平和高速道路構想と、それを受けて日本で展開されてきた日韓トンネルプロジェクトの経緯を説明。アジアの平和と繁栄、環太平洋を中心とした新文明時代の創造を視野に、日韓両国政府が日韓トンネル建設の共同研究と両国民の意識啓発のためのプロジェクトを早期に開始すべきと訴えました。

その後に行われたパネルディスカッションでは、(一社)コリアンワールド・李相善代表理事が「世界・東アジアの平和友好」、(一財)国際ハイウェイ財団・横田浩一評議員が「日韓親善友好と日韓トンネル」、日韓文化研究所・尹大辰所長が「朝鮮通信使から見た平和外交」をテーマに、それぞれ朝鮮通信使の外交評価や日韓トンネル効果などについて報告しました。